FC2ブログ
flower border

株式会社 陶山工務店のスタッフブログ

今までに完了した工事を随時載せています。

河内長野市 高向で護岸工事をしましたヾ(・∀・)ノ

Category公共工事
高向の下水工事から引き続いて5月まで石川河川工事をしてきました。
現場自体は終わり、書類作成後の検査待ちですね。
この工事が終わってしまうとまた市や府から発注される今年の工事の入札に参加していく事になります。
市の工事は完全に運で決まるので、どうしようもないです。
完全にクジ引き(´∀`*)

府の工事はこちらが積算して出た金額と設計金額が最も近かった業者に当たる仕組みです。
金額が公表されていないので、近い金額を何十社も入れる事になり僅差で負ける事が多々あります。
ちなみにいくら近い金額でも裏で設定されている最低価格より低いと失格になります。
なので攻めすぎると失格になるリスクもあるわけです。
何ヶ月かに分けて何本も出るので、今月の工事が当たらなくてもチャンスはまだあったり・・・
公共工事が当たるまでは民間工事で繋いで行く感じです。
現在は解体及び駐車場工事をしています。

先日、羽曳野市の方から仕事の依頼がありました。
河内長野から離れているので、立会いの際に「どちらからの紹介ですか?」と尋ねると
インターネットで検索されたという話でした。
これは嬉しいですねヽ(≧∀≦)ノ
このブログを見て頼んだ可能性が高いと思います。

今回は石川のコンクリート擁壁の上から重ねて補強する工事になります。
もう分散させて書くのは大変なので一括で書きます。

着工前の状態です。




対岸側になります。

擁壁の上からコンクリートを被せて直していく形になります。
とここで問題が・・・川に重機を降ろすところが近くにないΣ(゚д゚|||)
ということで離れた下流側で仮設の道路を作るところから始めます。
ここに土砂をダンプして仮設道を作ります。


何十台もダンプして仮設道を作りました。
大型土のうを作って、並べることで仮設道の裾を固定していきます。




土砂だけではダンプが嵌まってしまうので、砕石を敷いてから鉄板を置いていきます。
これで車が降りられるようになりました。


現場上の田圃をコンクリートや材料を降ろす為に借地します。
ここも鉄板を敷いて入れる様にしていきます。




現場の対岸側の土を瀬替に使うので、伐採し処分します。


伐採が終わった後の全体写真です。




下流で作った土のうを現場内に運んでいきます。
仮設道から現場まで結構距離があります。


土のうを並べた後、対岸の土で瀬替えしていきます。


瀬替え出来た後、水中ポンプで水替えします。



ここまでが「準備工」です(-∀-)


水替えが出来ればいよいよ始まります。
床付けして型枠を組んで行きます。


長さが50mあります。


法長が長いのでコンクリートを2回打ちしていきます。
現場上の田圃にミキサー車を入れて、ポンプ打ちしていきます。


1回目の打設が終了しました。


養生して脱枠します。
2回目を打設する前に大型土のうを潰して足場を作ってしまいます。

これで水替えする必要がなくなります。

また型枠を組んでいきます。




2回目の打設です。


完成し・・・ましたが、まだ終わりません。
ばらした型枠をクレーンで持ち上げたり、、川底を平らに均したり、現場上の田圃と仮設の道路に敷いた鉄板を撤去していきます。
ちなみに鉄板は1枚800kgです。

もう写真の整理が大変なので完成写真を最後に1枚。

これで崩れることは滅多にないでしょう。
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment