FC2ブログ

河内長野市 寺元でコガネメキシコインコ大捜索事件が発生しました((((;゚Д゚)))))))


事の始まりは25日夕方、事務所で飼っていたインコが脱走。
その日は雨がかなり降っていて、周辺を捜索しましたが結局見つからず断念して帰りました。
夜の気温の低下とかなりの雨だったので、下手したら1晩超えられないだろうと思いました。

次の日、出社すると事務所付近でインコの声が!!
耳を澄まして近づくと事務所裏の高木にいました。
ここで営業さんが登っていきましたが、驚いて遠くに飛んでいってしまいました。

「さらばインコよ。達者でな(^∇^)」

とはいかず更に追跡。
事務所すぐ横の笠松稲荷との間の畑から更に奥の林から声がしました。
そこに行き着くまでに自分の背丈より大きな草や中国竹の中を20分ほど歩いてようやくたどり着きました。
雨上がりなので、服も靴もドロドロで蒸し暑い中でしたがなんとか留まっている高木の真下へ。
ただし、枝の細い針葉樹でとても登れる木ではなかったです。
道路側から監視している社長の指示で、道路側に木を揺らしました。
事務所の方へ飛んだようにみえましたが、旋回して住宅街の方へ逃げた様です。

「これはたまらんな(`∀´)」

道なき道をまた戻って社長と共に車に乗って飛んでいった方向へ。
今度は笠松稲荷の裏側の林を捜索。
しかし全く見つからずに今度こそは終わった・・・かと思いきや。
笠松稲荷横のマンションから鳴き声がしました。
清見台につながる歩道橋から見上げてみると、上の方の階のベランダにインコが!!

「自分の顔に違和感があるのは何でや(゚д゚)」

いくら呼びかけても返事もせず動かないインコ。
自分の服がドロドロなのと顔の右半分が虫か何かにやられた雰囲気だったので一旦、現場に社長を残して帰宅。
シャワーを浴びて着替えて戻る途中で社長と遭遇。
社長曰く「飛んで見失った」との事でした。
諦めつつも車に乗りながらマンションの近くまで戻って停車して耳を澄ませるとまたインコの声が!!
慌ててマンション横のくすのかホール駐車場に車を駐めました。
声のする方を見上げると姿は見えないものの、確実にマンションのベランダから鳴き声がします。
しばらくするとかなり上の階の住人さんがベランダに出て、何かを捕獲する様な行動をして部屋に戻っていきました。
すると全く鳴き声がしなくなったので、うちのインコがほぼ確実に捕まったのだろうと思いました。

「今度こそ達者でな。マンションの子になるんやぞ(* ´ ▽ ` *)」

とはいかず。
マンションに入ろうかと思いましたが、明らかに不審者になるのでこのマンションと取引のあるうちの営業さんにバトンタッチ。
階数と部屋の位置は分かっているので、その部屋に訪問してもらうとやはりインコがいました。
人慣れしているおかげで暴れずにリンゴを食べていたそうです。
しかも元々インコを昔飼っていた住人さんだったらしく、かなり手慣れていたそうです。
「身柄」引き渡しが済んだ後に、すぐ謝礼の品を持っていきました。
今回は完全に不幸中の幸いでした。

「うるさくない他の鳥を飼えるチャンスだと思っていたのに・・・というのは冗談です(-∀-)」

後日談。
事務所に戻ったインコは今までに見たことのない勢いで餌と水を食べていました。
野生界で生きたことのないインコにとって、食料は死活問題だったと思います。
午後には完全に元気になってまた鳴きまくってました。

次の日になって自分の顔右半分と首、右腕の赤い斑点が酷くなり・・・
かなり痒かったのと広範囲なので、最寄りの皮膚科へ。
診断の結果、「チャドクガ」と言われました。
5~6月に発生する毛虫で、見たことある人も多いと思います。
この虫のエグいのは触れなくても毛が風に簡単に飛ばされることです。
そのため、布団や洗濯物に毛が付着すると虫の姿が一切見えないのに感染します。
しかも音や振動で虫自身が警戒態勢に入ると、身体を揺らして毛を飛ばす様です。
更に殺虫剤をかけるだけでも毛が飛ぶので、駆除する際には風下にいかない等の注意が必要。
もう害虫の中の害虫(♯`∧´)
ちなみに天敵はクモやスズメバチ、ホトトギスになるそうです。

現在、顔や腕などを治療中です。
処方された塗り薬と飲み薬で対応していますが、いつ治るのか。
今これを書いている間も痒いです( ノД`)
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment