FC2ブログ

富田林市 河南町で国道309号で補強土壁工事をしました(o・ω・)ノ)) Part2

ついにこの工事も終了しました。
書類作成が先週から始めて、やっと終わり一息ついているところです。
大概の書類を自分で作りましたが、事務員さんに大分助けてもらいました(^∇^)
1人ではまだ出来ていなかったでしょう。

前回の記事で書いた市の入札の件ですが・・・
下水が当たっていましたヽ(≧∀≦)ノ
次は加賀田の住宅街になります。
といっても入れるのは盆明けから9月前半。
毎年の事ですが、落札されてから市が家屋調査を業者に委託して、調査が終わってからやっと仕事が入れるようになります。
なぜ先に家屋調査をしてから入札をださないのか(`o´)
今月の入札は4件も水道の大きな工事が出ています。
下水は取れてしまったので、是非とも水道も当てたいところです。

今回の重力式擁壁を作る過程もポラメッシュと同じで床付け、改良、地耐力試験、基礎砕石や基礎コンクリートになります。
前の記事の写真と同じ形になるので、省略しました。

今回は国道309号線を拡張する為に補強土壁と重力式擁壁をつくる工事になります。

前回の続きからになります。
基礎コンクリートの上に型枠を組んでいきます。




型枠の中にコンクリートを打ちました。
少しずつ均等に入れながら、高周波バイブレーダで隙間を無くしつつ打つので、終わるまでに5時間もかかりました(゚д゚)


型枠をばらして、埋め戻していきます。




元々あった水路に繋がっていた管にヒューム管を接続していきます。
まずは定番の床付けから基礎砕石(゚∀゚)


管を繋いでコンクリートを巻きます。


埋め戻しきる前の状態です。
この管出口から新しい水路に流れるようになります。


重力式擁壁の前に型枠を組んで水路を作ります。




埋め戻してしまえば完成になります。






最終的には国道までポラメッシュが上がっていくようですが、今年の予算ではここまでしか作れないとの事です。
1ヶ月ちょっとで完了しましたo(≧ω≦)o


今回の記事は次の下水工事の書類や今週から家の解体工事等があるので、随分省略して書きました(´・_・`)
まだ検査や書類検査が待っていますが、これでしばらくは公共工事とも離れられます。

先週の月曜日は本当に暑かったですね。
久しぶりに現場で熱中症になりました(°_°)
昼前から頭痛がして、じっとしていましたが悪化し、結局日陰でお茶を飲み続けて治しました。
熱中症予防管理者が熱中症になる・・・次回は気をつけます。

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment