FC2ブログ

河内長野市 平谷で緊急災害工事をしました(*・`ω´・)ゞ

自社の事務所の前から河合寺に抜けるための310号線が未だに通行禁止になっています。
知らない人もまだたくさんいると思いますが、途中で道が半分落ちて無くなってしまっているからです。
実際に災害現場を見てきました。




ちょうどコンクリート舗装で下る道の真横が崩れた状態です。
土砂崩れではなく、道そのものがなくなっているのですぐに復旧が出来ないわけです。
コンクリートの擁壁ごと舗装と地盤が落ちています。




2件目の災害工事の最中にまた電話がありました。
今度は河合寺の畑に入る為の農道が土砂崩れになっているようですね。
急いで次の現場に行きました。

今回は農業用道路や水路に溜まった土砂や木を撤去する工事等になります。

現場に着くと2tダンプがギリギリ通れるぐらいの道幅でなおかつ方向転換も出来ないので後ろ向きでの進入で狭すぎてヒヤヒヤしました(°_°)
進入路が既に所々崩れ落ちていて、モルタルを入れて改良してから鉄板を敷いてから進む具合でした。




進んでいくと確かに土砂崩れが起きていました


重機で土を出す作業が始まります。




更に進んでいくと土だけではなく何本も木が倒れていました。


木を切り倒して細切れにし、幹、枝葉、根に分けて処分場へ持って行きます。
土に関しては20台を遙かに超える量を出しました。




砕石を敷いて整形すれば完成です。
ちなみに写真とは別に2箇所で同じ様な状態になっていました。



前文で書いた310号線ですが自社が施工する事になりました。
台風の災害から1週間、何も連絡がなかったのですが2週目に入ってから「やってくれないか」と電話を頂きました。
現場は事務所の目と鼻の先で「声が掛からないのかな」と考えていたら案の定でした。
やはり普段の工事の実績が評価されているのではないかと思います。
この工事は市役所ではなく、大阪府からの発注になります。

大体、工期は2週間から3週間を予定しています。
この道は寺元より奥に住む人は確実に河内長野方面に出る為に絶対通る道になります。
利用者の多い重要な道なので、早く復旧出来る様に急いで作業を進めています。
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment