FC2ブログ

河内長野市 加賀田の下水工事が始まりました(^-^)/ part3

お久しぶりです。
朝の気温がマイナスになる程に寒くなりました。
事務所の外の蛇口が凍ってしまって水が出なくなります。

下水工事に毎日追われて更新していませんでした(´・_・`)
このままいけば本管は年内にほとんど終わりそうです。
来年の2月中に工事終了する予定です。

昨日から国道310号線の工事が再開しました。
工事が止まって1ヶ月半。
ようやく話し合いが終わったそうです。
ここから急ピッチで作業し、来年の1月中に終了する予定です。
ただし年末年始は工事禁止期間があるので、なかなか一気には進みません。

今回は1号マンホールを埋める工事になります。

舗装を剥いでから掘削し、規定の深さになればすぐに矢板を入れていきます。
矢板の入れ方は

両端に矢板をいれて簡易ジャッキで止める

腹起しをチェーンで降ろし、矢板に引っかける

隙間に矢板を全ていれる

腹起しを簡易ジャッキで止める
の流れになります。
ここまでして床付けになります。


次にマンホールを据える為に砕石をいれます。
砕石をプレートで転圧すれば準備OKです。


まずは底盤を据えていきます。
1号マンホールは基本的に底盤・躯体・斜壁・調整リング・蓋で構成されています。
上にパーツを重ねていくわけですね。


各パーツとの間には薬品を混ぜ合わせて浸したスポンジを使用します。


斜壁まで重ねれば、ボルトをいれて調整リングを被せます。


ここからは一気に埋め戻し始めます。


蓋を据えるところまで上がれば、スポンジで周りを巻いてハイジャスターを入れていきます。
このハイジャスターとは液体性の速乾セメントの事で、その場で水に少しずつ入れながらかき混ぜます。
これによって蓋する前に高さの微調整ができる訳です。





鳥用ヒーターでは寒さに耐えられない様だったので、オイルヒーターを購入しました。
人がいなくなった夜中でも問題ない温度になっている様ですね。
それとは別に粟の穂を買ってあげてみましたが、エサ以上に食いつきが凄いです(* ´ ▽ ` *)
入れた瞬間にずっと食べています。
何よりエサ入れから落とせば見向きもしなかったはずなのに、自ら降りていって足でつかんで持って上がって食べるほどの執着ぶり。

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment